電子マネーとビットコインの違いは?

基礎知識

電子マネーとビットコインの違いは?

デジタル通貨の「電子マネー」と「仮想通貨」は何が違うの?

「デジタル通貨」と呼ばれるもので日本人が連想するのは、
すでに全国に普及しているsuicaなどの交通系ICカードや、
楽天Edy、セブンイレブンで使用できるnanacoなどの
お買い物ポイント系「電子マネー」でしょう。


しかし、同じデジタル通貨でも「電子マネー」と
ビットコインなどの「仮想通貨(暗号通貨)」は
明らかに性質が違います。

仮想通貨の特性

①法定通貨と換金できる
②ブロックチェーン・スマートコントラクト技術で、通貨の改ざんなどの不正や消失を防いでいる
③特定の国家や銀行に依存しない


一番の違いとして仮想通貨は電子マネーと異なり、
「取引所」で法定通貨との換金が可能です。


だから、ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨が
投資の対象として注目されるようになったわけです。
電子マネーにはチャージできるけれど、
仮想通貨のように現金への換金はもちろん、
投資対象としての取引きもできません。

電子マネーとビットコインの一番の違いは?

ビットコインを代表とする仮想通貨が注目を集めている
一番の理由は、「ブロックチェーン技術」でしょう。


ブロックチェーン技術によりすべての取引履歴が記録されるため、
改ざんなどの不正や通貨の消失が起こりえず、
銀行よりもお金の流れはクリーンであると言われます。
その他新しい技術が次々と生み出され、
通貨として安全性が高く保たれているのです。

仮想通貨に投資しても大丈夫?

仮想通貨は、”特定の国家や銀行に依存せずに存在する”
ことが可能である点が特徴の一つですが、
それがメリットでもあり、デメリットでもあるかもしれません。


法定通貨のように国が保証してくれませんから、
極端に言えば無法地帯で、誰でも好き勝手に通貨を作ることさえできます。


だから詐欺コインが出回ってしまうのですが…
仮想通貨に投資する際には自己責任が必要です。
本当に電子マネーとは全く違いますね。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ